タグ:Canon EOS Kiss X5 ( 275 ) タグの人気記事

Memories in Palau 2

禁断症状解消的古画像掃出大売出の第2弾です。

パラオと言ったら海!

ということで、2010年と2012年に撮った海中写真をいくつか。




ブルーコーナーにエントリー直後の1枚。
e0251895_21084644.jpg
ダイバーはガイドのサキさん=冬の出稼ぎfrom八丈島。
玉になってるのはアカヒメジ。左に流れてる群れはノコギリダイ。
写ってないけど、右手前の砂地にネムリブカ(おとなしいサメ)が休んでます。
他にもいろんなサカナがたくさんたくさん。
パラオは魚影が濃くて、潜っててとても楽しいのであります。



そしてダイバーの周りを、タイマイがウロウロ。
e0251895_21125071.jpg
ウミガメは種類によって食べものが違います。
大きい順に、オサガメはクラゲを、アカウミガメは貝やエビ・カニを、アオウミガメは海藻類を、そしてこのタイマイはカイメンを食べています。


水中では波長の長い(赤い)光から順に吸収されるので、深くなるにつれて色の無い単色の世界になります。
そこで、サカナに近寄って写真を撮るときはストロボを焚いて色のある世界を写します。


ハナビラクマノミ。
e0251895_21271269.jpg
とても臆病で、近付くとすぐイソギンチャクに隠れちゃうし、泳ぎもすばしこくて撮影がちょっと難しいサカナです。



可愛い可愛いガラスハゼ。
e0251895_21302599.jpg
とても小さくて身体が透き通ってて見つけるのが難しいです。
花の茎みたいなムチカラマツにくっついて生活していて、泳いで移動したりしません。
居場所を知ってるガイドさんが見つけてくれました。
ドロップオフの崖の途中で流れがあったので、ガイドのサキさんがムチカラマツを持っててくれました。
こちらも岩につかまりながら片手で撮影。
奇跡的にピントが合った1枚でした。
ちなみに、ムチカラマツは植物ではなくて動物です。



小さいのの次は大きいの。



オニイトマキエイこと、マンタ。
e0251895_21370465.jpg
ジャーマンチャネルのクリーニングステーションで。
定位置に着底したらすぐ現れて、ステーションの周りを回りはじめました。
コンデジの広角に入りきらないくらい大きくて、近くて。
20分以上かな。
こちらのエアーがもたなくなるので、あとから来たグループに引き継いで途中で撤退しました。
感動のひとときでした。




そして、エクジット。
e0251895_21445534.jpg
こちらは、デイドリームさんの大型ダイビングボート。
パラオは隣に写ってるような、小型の和船タイプの高速ボートが主流ですが、運が良ければ温水シャワーとトイレ完備の快適クルーズに当たります。
ちなみに小型ボートのトイレは、世界最大の水洗トイレです。これダイビングの常識。



撮影機材(機材ってほどでもないけど)は、こんな感じでした。
e0251895_21502660.jpg
カメラ: Canon IXY DIGITAL 920-IS
ハウジング: Canon WP-DC26
ストロボ: INON S-2000




[PR]
by miyabine | 2015-03-04 22:03 | Comments(8)

Memories in Palau

禁断症状が出てきたので、昔の写真をひっぱり出してちょっとガス抜きを。


早朝のPPR。ビーチが西向きなので、朝は順光。
e0251895_22150670.jpg
誰もいないプールがきれい。底の模様まで見える。




プールと海を眺めながらの朝食。
e0251895_22190264.jpg
調子に乗って、いつも喰いすぎ。^^;





リゾート敷地内のショップでは、ダイビング以外にもいろんなアクティビティーが用意されている。
e0251895_22210806.jpg





シーカヤックツアーも、マリンレイクから外洋まで。
e0251895_22223354.jpg
無人島のビーチでランチタイム。





午後のホテルビーチは陽当たりよく、のんびり過ごすのにもってこい。
e0251895_22240611.jpg





猫ものんびり。
e0251895_22251618.jpg





そして、西向きビーチは、少し雲がかかると絶好の夕焼けスポットに。
e0251895_22261932.jpg



3,5枚目: ixy DIGITAL 920-IS  2008年
1,4,7枚目: ixy DIGITAL 920-IS  2010年
2,6枚目: EOS kiss X-5/ TAMRON Di-Ⅱ 18-270mm F/3.5-6.3  2012年



[PR]
by miyabine | 2015-02-26 22:36 | Comments(4)

摂社・末社 2015-1-8

初詣でお参りした真清田神社にも、いくつかの小さな社が祀られています。
これらは摂社・末社と呼ばれるもので、本社に縁故の深いものを摂社、その他のものを末社というのだそうです。


東門の脇にある東手水舎。
e0251895_23315564.jpg
その向こうに見える灯篭も、そうした末社への入り口に置かれたものでした。





そのひとつ愛宕社。
e0251895_23341676.jpg
微妙に塗装の浮いたお賽銭箱が、訪れる人の少ない末社の鄙びた雰囲気を演出しておりました。


と、ここでにわか仕込みのうんちくを一つ。


末社のひとつ、須佐之男社。その名の通り男神さまであります。
e0251895_23364922.jpg
屋根の上に交差している千木(ちぎ)の先端が縦に切り落とされていますが、「外削ぎ」といって男神を表しているそうです。





こちら秋葉社。
e0251895_23403876.jpg
わかりにくいですが千木が水平に切れております。
当然の流れとして、「内削ぎ」といい女神さまを表していると。


知ってるよ~という方も多いかと思いますが、私は今回嫁さんに教わりました。
初詣も勉強になるもんであります。



おまけ


門前の商店街で見かけたとっても昭和な風景。
e0251895_23454924.jpg
立派なアーケード街に「人生が二度あれば~♪」と、陽水の歌声が響いておりました。


一宮市 真清田神社 2015-1-4撮影




[PR]
by miyabine | 2015-01-08 23:50 | Comments(4)

遅まきながら 謹賀新年 2015-1-5

正月5日、本日が連休最終日。
明日からの社会復帰に備えて、少し体を動かしておかねば...。

ということで、遅ればせながら、
皆さま明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


さて、
今年の初詣は昨日、一宮市にある真清田神社へお参りしてきました。


鳥居越しの立派な楼門が印象的。
e0251895_09052431.jpg





e0251895_09090634.jpg




3が日を過ぎても大勢の参拝客で賑わっていました。
e0251895_09092821.jpg






御祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)=天照大神の孫神だそうです。
e0251895_09121758.jpg





平安時代から尾張の国一宮として崇められてきたとのこと。
e0251895_09132716.jpg
神々しさを感じさせる、立派な拝殿・本殿でありました。






そんな参道・境内には、たくさんの屋台店が並び
e0251895_09153319.jpg
神の威厳なぞどこへやら、各種B級グルメの美味しそうな匂いを拡散させているのでありました。



一宮市 真清田神社 2015-1-4撮影




[PR]
by miyabine | 2015-01-05 09:20 | Comments(2)

年の瀬のお稲荷さん 2014-12-29

年末のバタバタで、ふと気が付いたらほぼ2週間ぶりの更新。


今年最後のエントリーは、先週訪れた豊川稲荷です。
e0251895_22590775.jpg
お稲荷さんで有名ですが、もともとは室町前期創建の曹洞宗のお寺豊川閣妙厳寺の鎮守として建てられたものです。
たしかに、総門を入って正面に妙厳寺法堂があり、その背後に豊川稲荷本殿がありました。
しかし実際は、参拝客にも寺院側にもそうした意識はほとんどなく、もっぱらお稲荷さんがメインでしたね。





諸願満足を願って、全国各地から参拝に来られているようです。
e0251895_23091760.jpg





境内のいちばん奥にある狐塚には名残の紅葉が。
e0251895_23105607.jpg




e0251895_23111023.jpg
この日は祝日にも関わらず参拝客もまばらで、ゆっくりとお参りすることができました。




おまけ




せっかくRAW現像を始めたので、モノクロ現像も試してみました。
e0251895_23152641.jpg





e0251895_23153991.jpg






e0251895_23155133.jpg






e0251895_23160486.jpg


豊川市豊川町1番地 豊川閣 2014-12-23撮影



++++++++++++++++++++++
今年の大掃除は、思い切って断舎利にチャレンジしました。
大掃除をしながら、不用品を整理して処分場へ持ち込むまで3日間かかっちゃいました。
疲れが少し腰にきましたが、気持ちよく新年を迎えられそうな気がします。

本年も、このへたくそな写真ブログにお付き合いいただきありがとうございました。
来年も「ハードル低く」マイペースで更新して行こうと思います。

皆さまも良い年をお迎えください。
++++++++++++++++++++++




[PR]
by miyabine | 2014-12-29 23:25 | Comments(8)

北鎌倉 初冬のオフ会② 2014-12-17

明月院、通称「あじさい寺」です。


e0251895_21475124.jpg
いただいたパンフレットには平安末期の1160年創建とありますが、室町時代の1380年上杉憲方による開山が通説とのこと。






通称のごとく、葉の落ちた紫陽花の枯れ枝が迎えてくれました。
e0251895_21535818.jpg
その他、境内には大小庭園が整備されていて、四季折々の花を楽しむことができます。






e0251895_21552564.jpg





e0251895_21554086.jpg
本堂の奥に広がる大庭園は12/8までで公開が終了し、冬季閉園に入っていました。






e0251895_21570215.jpg






e0251895_21571292.jpg






帰り道では、
e0251895_21581672.jpg
ウサギとカメが本日のレースの反省会を開いていました。



鎌倉市山ノ内 福源山明月院 2014-12-13撮影




[PR]
by miyabine | 2014-12-17 21:59 | Comments(6)

北鎌倉 初冬のオフ会 2014-12-15

先週土曜日、全味協関東支部のオフ会にお邪魔をしてきました。
行き先は初めて訪れる町、北鎌倉。
ご一緒いただいたメンバーも皆さん素敵な方ばかりで、非常に楽しいひと時を過ごすことができました。本当にありがとうございました。


先ずは北鎌倉駅徒歩4分の好物件、駆け込み寺として有名な東慶寺での写真からアップします。
e0251895_17133725.jpg
これまではjpegに多少の編集を加える程度でUPしていましたが、今回はRAW現像にチャレンジしています。
編集ソフトはカメラに付いてきた、ちょっと古いバージョンのDigital Photo Professional。
それでも、写真によっては編集効果にかなりの差が出ますね。当然なのでしょうけど。
これからも少しずつチャレンジして行こうと思います。
ただ、ハードル低くというモットーは変わりませんけどね。なはは...。






さて、東慶寺。
鎌倉後期の1285年、北条時宗夫人の覚山志道尼が開創されたとのこと。
以来、明治になって寺法が廃止されるまでの約600年間、女人救済の駆け込み寺としてこの縁切り寺法を守ってきたそうです。
e0251895_17174610.jpg
見事な枝ぶりの梅の木が整然と並んでいました。
春には大勢の参拝客で賑わうんでしょうね。

とはいえ、鎌倉中心部に比べると人も少なく、落ち着いた雰囲気だし、福寿草から始まって桜、菖蒲、紫陽花、桔梗に秋明菊などなど、1年を通じて色んな花が楽しめるようです。
季節を変えて、また訪れてみたいと思いました。





境内を散策すると足元に、小さな石仏がいくつも、ひっそりと佇んでいるのでありました。
e0251895_17270998.jpg
う~ん、ますます気に入ってしまうのであります。





この日は本当に好天に恵まれ、初冬の柔らかな陽射しに、散り始めの紅葉も最後の輝きを放っていました。
e0251895_17301915.jpg





e0251895_17303382.jpg





境内中央に鎮座する仏様にも、青空と紅葉が写りこんでいました。
e0251895_17315897.jpg


鎌倉市山ノ内 松岡山東慶寺 2014-12-13撮影




[PR]
by miyabine | 2014-12-15 17:52 | Comments(6)

錦秋の玄宮園ライトアップ 2014-12-10

先月、湖東三山の帰りに立ち寄った彦根玄宮園のライトアップです。


e0251895_22462603.jpg
玄宮園は、国宝彦根城に隣接した大名庭園。
江戸時代初期に造園され、1678年に彦根藩4代藩主井伊直興が整備したとのこと。






近江百景を模して造られ、4つの島と9つの橋が設けられています。
e0251895_22530015.jpg
どうしても、水面に映る紅葉写真ばかりになっちゃいます。






天守を借景にした見事なライトアップ。
e0251895_22533147.jpg
池の畔は、カメラを載せたたくさんの三脚たちで賑わっていました。






e0251895_22555128.jpg
最後の1枚は、EOS Kiss X5+タムキューでした。



滋賀県彦根市 2014-11-22撮影




[PR]
by miyabine | 2014-12-10 22:58 | Comments(0)

湖東三山③ 西明寺 2014-12-6

三山最後は西明寺でした。


色とりどりの黄・紅葉に誘われて、たくさんの参拝客が。
e0251895_15393060.jpg
1枚目はphoto by 嫁さん(IXY DIGITAL 920IS)





参道わきも見事に紅葉が進んでいました。
e0251895_15413652.jpg





重要文化財の二天門は室町時代初期の建立。
e0251895_15424623.jpg





本堂と三重塔は国宝。
鎌倉初期に飛騨の匠が建立したもので、釘が一本も使われていないそうです。
e0251895_15452364.jpg
たまたま三重塔内部が特別公開されていて、国内唯一という鎌倉時代の壁画を、解説付きで鑑賞することができました。






国宝三昧のあとは、美しい紅葉たちを満喫し
e0251895_15555040.jpg






e0251895_15560316.jpg
三山を後にしたのでありました。



滋賀県甲良町 龍應山西明寺 2014-11-22撮影




[PR]
by miyabine | 2014-12-06 15:59 | Comments(0)

湖東三山② 百済寺 2014-12-2

「ひゃくさいじ」と読みます。


日が当たりにくい斜面に建つためか、紅葉はさほど進んでいませんでした。
e0251895_09420725.jpg
推古天皇の時代に、聖徳太子の御願によって百済(くだら)人のために創建されたという1400年の古刹。
平安期以降、天台宗の寺として規模が拡大され「湖東の小叡山」と称されるほどに繁栄したそうです。
逆にそのため戦国期、信長に対抗することとなり、比叡山同様焼き討ちに遭って全山焼亡してしまいます。


現存する建物は信長の死後、江戸期にかけて再興されたものですが、往時とは比較にならないこじんまりとしたお寺になりました。
e0251895_09493846.jpg
しかし本堂には、かろうじて戦火を逃れた本尊の木造十一面観音菩薩像や、とても美しい金銅弥勒菩薩半跏思惟像など、奈良時代の仏像が安置されていました。





本堂をお参りしたあと脇参道をゆるゆると下って行くと、ところどころに紅葉し始めた木々が。
e0251895_09533277.jpg





e0251895_09534525.jpg





そして本坊横にある陽当たりの良い庭園では、見事な紅葉を見ることができました。
e0251895_09550634.jpg





その庭で、とても愛想のよい虎に遭遇。





e0251895_09563538.jpg






e0251895_09565670.jpg
ちゃんと首輪が付いていました。






お寺は少し地味ではありましたが、
e0251895_09572435.jpg
歴史と季節を感じながら、次のお寺に向かうことができたのでありました。



滋賀県東近江市 釈迦山百済寺 2014-11-12撮影




[PR]
by miyabine | 2014-12-02 10:00 | Comments(2)


夫婦であちこち徘徊します。そこで見つけた「きれい、可愛い、面白い」を気の向くままに綴ります。


by miyabine

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

sudigital af...
季節を感じて
おパリな生活
パリときどきバブー  f...
R&M
ASTY 'S * c...
ばーさんがじーさんに作る食卓
With Art
ぽろろんぱーぶろぐ
one day
治華な那覇暮らし
Black Face S...
アムゼルくんの世界 Di...
Fragment
日記のような写真を
楽しいかも?
ブクブクな日々
Silver Oblivion
猫とカメラと美味しいもの...
** shympathy **
All Japan Mi...
One Two Three
what she was...
シマロンとクロラ -兄弟...
るるた's weblog
photo room #41
Be my love
kazuの視点
ffanの写真日記
Film&Gasoline
My Palpitation
asty's Photolog
HAPPY to ...
石垣島ダイビングセンター...
青猫珈琲店
Soul Eyes
アムゼルの個人的撮影生活...

外部リンク

最新のコメント

おお~、こちらのブログの..
by 皐月の樹 at 22:31
> aitoyuuki3..
by miyabine at 22:54
一年の締めくくりを伊勢神..
by aitoyuuki32 at 22:14
> ffan940さん ..
by miyabine at 21:05
> 皐月の樹さん 久し..
by miyabine at 21:03
一年の締めくくりに伊勢参..
by ffan940 at 17:42
やはり年末年始のこの時期..
by 皐月の樹 at 17:27
> 皐月の樹さん セイ..
by miyabine at 13:32
あ・・・お台場でしたね^..
by 皐月の樹 at 21:02
> 皐月の樹さん 東京..
by miyabine at 18:22

タグ

(275)
(217)
(214)
(117)
(107)
(71)
(66)
(64)
(55)
(13)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧