<   2015年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

近江八幡を歩く④ スイーツを堪能する

オフ会の最後は、スイーツの和・洋を堪能しました。


和菓子の「たねや」日牟禮ヴィレッジ
e0251895_06254315.jpg
日牟禮八幡宮境内にある超人気店であります。






e0251895_06284536.jpg





茶店の雰囲気漂う、ちょっとしたテーマパークのような一角でした。
e0251895_06323333.jpg





いただいたのは「つぶら餅」
e0251895_06333274.jpg
一見タコ焼き風のあんこもち。

物欲しそうな顔をしていたら、白顔羊さんが買ってきてくれました。
美味しかったです。ありがとう!






洋は、お向かいにある「クラブハリエ」日牟禮館
e0251895_06382606.jpg





バウムクーヘン行列で賑わう店内を抜け、日牟禮カフェ・ヴォーリズ建築内特別室へ。
e0251895_06414016.jpg
メンバーのひとり、えとりさんが予約してくれたとっても素敵な空間。






みなさん、満足満足の笑顔であります。
e0251895_06423032.jpg





この特別な空間で、特別な紅茶と特別なケーキを、特別に美味しくいただきました。
e0251895_06432770.jpg







e0251895_06435786.jpg


最後まで、楽しい楽しいオフ会でありました。



滋賀県近江八幡市 八幡伝統的建造物群保存地区 2015-5-24撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-30 06:49

近江八幡を歩く③ 壁・塀を愛でる

歴史を感じさせる建物が数多く残る近江八幡、その建物たちの壁にも歴史と風情を感じることができます。



e0251895_07404744.jpg





e0251895_07410469.jpg
いかにも近江商人の町を感じさせます。





壁の前には、そこここに美しい花たちが。
e0251895_07424161.jpg





木壁の前に佇む赤いポストもフォトジェニックでした。
e0251895_07433259.jpg





そしてこちら、壁ではなく煉瓦塀。
e0251895_07450985.jpg





池田町洋館街という一角です。
e0251895_07455298.jpg





こちらも、現役で人が住んでいらっしゃるようでした。
e0251895_07475107.jpg






e0251895_07480616.jpg
近江八幡、奥が深いです。


和から洋まで、いろんな景色を楽しむことができるのでありました。


滋賀県近江八幡市 八幡伝統的建造物群保存地区 2015-5-24撮影





[PR]
by miyabine | 2015-05-29 07:55

近江八幡を歩く② 建物探訪

近江八幡には数々の歴史的建築が保存展示されています。
今回、しっかり見て回る余裕はなかったけれど、いくつか目に留まった建物を撮りまとめてみました。



旧八幡郵便局
e0251895_21395318.jpg
ヴォーリズ設計による和洋折衷建築。
1921年から1960年まで現役の郵便局として活躍しましたが、屋根が壊れるなど老朽化が進んでいます。





玄関は10年ほど前に復元されたとのこと。
e0251895_21433354.jpg





こちらは白雲館
e0251895_21440938.jpg
明治初期に建てられた学校建築です。





観光案内所、休憩所、ギャラリーなどとして活用されていました。
e0251895_21455917.jpg






e0251895_21471291.jpg
かなりハイカラな学校として目を引いたことでしょう。





白雲館の向かいに立つ、日牟禮八幡宮の鳥居
e0251895_21493582.jpg
立派なお宮だったようですが、本殿まで行き着きませんでした。






メンソレータムで有名な、近江兄弟社本社
e0251895_21505563.jpg
いろいろ紆余曲折あって、今はメンタームを製造販売しているとのことでした。



滋賀県近江八幡市 八幡伝統的建造物等保存地区 2015-5-24撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-27 21:53

近江八幡を歩く① 水運の町

日曜日の全味協オフ会は、ちょっと遠出して滋賀県の近江八幡市へ出かけてきました。


e0251895_21435315.jpg
悲運の2代関白豊臣秀次がその礎を築いた、近江商人発祥の地近江八幡。





黒塀に囲まれた立派な商家が軒を連ねていました。
e0251895_21452938.jpg





18歳の若さで近江43万石の領主となった秀次は、信長亡きあとの安土城下の民をこの地に移住させ、楽市楽座を施行。
八幡城の堀を運河で琵琶湖とつないで水運を引き込み、商業都市近江八幡の基礎を築きました。
e0251895_21520545.jpg





e0251895_21523973.jpg





その八幡堀沿いには、立派な商家や土蔵が立ち並んでいます。
e0251895_21532332.jpg





e0251895_21535554.jpg





またお堀や運河さらには琵琶湖まで、観光船に乗って遊覧することができるようです。
e0251895_21550959.jpg






そんな遊覧船を激写する今回のオフ会主宰者。
e0251895_21562923.jpg
さすが撮影姿が、格好ええんでありました。



滋賀県近江八幡市 八幡伝統的建造物群保存地区 2015-5-24撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-25 22:01

新世界

天王寺動物園を出ると、目の前が新世界です。



あの有名な通天閣~。
e0251895_20180131.jpg




と、その前に腹ごしらえです。
e0251895_20133848.jpg
美味しい串かつとビールでパワー全開!



一気に通天閣のてっぺんへ...とはいかず、行列に並ぶこと40分。



これが、ビリケンさんであります。
e0251895_20212087.jpg
しっかり足を「なでなで」して参りました。



他にもフロアには、いろんなビリケンさんが。



険しい表情の毘沙門天
e0251895_20231350.jpg





妖艶なお姿の吉祥天さん。
e0251895_20242890.jpg
バックはアベノハルカス。






そして、楽しいお顔の布袋さん。
e0251895_20252928.jpg






e0251895_20275378.jpg






e0251895_20280467.jpg
不思議の街、大阪...。



大阪市 新世界 2015-5-17撮影





[PR]
by miyabine | 2015-05-24 06:00

緑豊かな天王寺動物園

今年100周年を迎えるという大阪天王寺動物園。


e0251895_09331039.jpg





初めて訪れたのですが、緑が豊富で、歩いていても気持ちの良い園内でした。
e0251895_09343636.jpg




行動展示を意識した飼育環境もかなり進んでいる感じで、ホッキョクグマ舎近くの大きなバードホールでは、コウノトリやサギ、カモの仲間たちが自由に飛び回り



つがいで営巣していたり
e0251895_09375485.jpg





抱卵していたりする姿を、フェンスを介さず間近に見ることができます。
e0251895_09384764.jpg






こちらキリン舎には「留守」の看板。
e0251895_09392431.jpg



どこにいるかというと、



外の運動場、というよりサバンナでのんびり木の葉っぱをむしったりしていました。
e0251895_09411306.jpg
ここ、かなり広いんだけど、皆さんなんとなく奥の隅っこにかたまっています。






この人の視線が気になるのでしょうかね。
e0251895_09423609.jpg
もちろんエリアは分けられていますけど、こういう緊張感って大事みたいですね。





好天の日曜日、たくさんの家族連れが緑陰の遊歩道を歩きながら動物観察を楽しんでいました。
e0251895_09454686.jpg





あまりに気持ちが良いので、ホロホロチョウたちもお散歩に出てきちゃってました。
e0251895_09463297.jpg
このあと、子供に見つかって追いかけられてましたけど。^^;



大阪市 天王寺動物園 2015-5-17撮影





[PR]
by miyabine | 2015-05-23 09:49

天王寺シロクマ劇場

最強コミックバンド@京セラドームの翌日、朝から天王寺動物園へ。



オスのゴーゴ10歳とメスのバフィン23歳との間に、昨年11月可愛い赤ちゃんが生まれ、今年3月から一般公開されているのです。



こちらがバフィン母さん。
e0251895_22272326.jpg
なかなかのべっぴんさんです。





そしてこちらが、人気の赤ちゃんモモ。とても元気な女の子。
e0251895_22283197.jpg



モモが気になってるのは




飼育員さんが投げ入れたブイです。
e0251895_22305849.jpg





お母さんにおねだり。
e0251895_22325782.jpg





なんとかブツをゲットして。
e0251895_22352195.jpg





どりゃっ!うりゃっ!
e0251895_22355900.jpg
ブイはびくともしません。






勢い余って
e0251895_22370961.jpg





あっ!
e0251895_22375286.jpg





あ~あ、また取られちゃった~。
e0251895_22393198.jpg




e0251895_22432229.jpg
ご満悦のバフィン母さんと、向こうでいじけるモモちゃんでありました。



大阪市 天王寺動物園 2015-5-17撮影







[PR]
by miyabine | 2015-05-20 22:41

石に護られた大阪城

抽選が当たって、京セラドームでのサザンオールスターズのコンサートに出かけた先週末。


時間に余裕があったので、大阪城をお散歩しました。


京橋口から城内に入ると、枡形の正面に巨大な石が。
e0251895_22595933.jpg
表面積がおよそ33畳敷相当。城内2位の巨石です。




枡形を通り過ぎると内堀の向こうに、高い石垣に乗った本丸天守が現れます。
e0251895_23030875.jpg



堀にかかる橋を渡り、坂道を登って行くと、先ほどの石垣の上部に出ます。



そこにあったのは、石を穿って造られた無数の銃座。
e0251895_23050227.jpg
攻めくる敵を狙い撃ちであります。



そんな銃座もまた、ひとつの枡形になっていて、



さらにその上から銃座に狙われていました。
e0251895_23062931.jpg





一方、本丸正面の桜門。
e0251895_23071336.jpg
その枡形の正面にも巨石が。





この上にも立派な櫓が建っていたとか。
e0251895_23093372.jpg
城内第1の巨石で、表面積約36畳。推定重量108トン。






そんな石たちに護られた大阪城本丸ですが。
e0251895_23125007.jpg
大勢の観光客が訪れていて、主に中国語、韓国語が飛び交っていて。


多国籍軍に攻め落とされていたのでありました。


大阪府大阪市 大阪城公園 2015-5-16撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-19 23:18

新緑の廃線跡

GW中に一般公開された愛岐トンネル群。


トンネルとトンネルの間の線路跡は、当然アップダウンのない、とても歩きやすい緑陰の散策路になっていました。
e0251895_22244393.jpg







たぶん、タニウツギ
e0251895_22274764.jpg





フタリシズカ
e0251895_22280811.jpg





こうした手作りのオブジェたちも。
e0251895_22284178.jpg





緑の光に包まれて
e0251895_22290349.jpg
いったい何が釣れるのやら。





アカメガシワ
e0251895_22294393.jpg





e0251895_22295445.jpg
楽しく楽チンな、楽々森歩きでありました。



愛知県春日井市 産業遺産愛岐トンネル群 2015-5-5撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-15 22:35

三岐の次は愛岐

・・・ということで、


GW中に一般公開された、愛岐トンネル群を見に行ってきました。
e0251895_22261946.jpg
愛知県と岐阜間の県境に、1966年JR中央線の複線電化に際して一部廃線となった13kmの区間があり、13基の赤レンガトンネルが残されています。
そのうち愛知県側の1.7km区間と3号から6号までの4基のトンネルがNPO法人によって整備保存されていて、2008年以降春・秋の年2回一般公開されているのです。







新緑のなか、トンネル、廃線路、その他の遺構を眺めながら散策を楽しむことができます。
e0251895_22383881.jpg






e0251895_22394981.jpg






e0251895_22412187.jpg






5号トンネルの出口に、C57蒸気機関車の動輪が展示されていました。
e0251895_22435581.jpg
直径1.75m。
D51の動輪よりも大きいそうです。




e0251895_22452670.jpg







e0251895_22454343.jpg







e0251895_22455776.jpg
初めて訪れたのですがとても楽しく、できれば秋にも訪れたいと思ったのでありました。



愛知県春日井市 産業遺産愛岐トンネル群 2015-5-5撮影




[PR]
by miyabine | 2015-05-14 22:48


夫婦であちこち徘徊します。そこで見つけた「きれい、可愛い、面白い」を気の向くままに綴ります。


by miyabine

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

sudigital af...
季節を感じて
おパリな生活
パリときどきバブー  f...
R&M
ASTY 'S * c...
ばーさんがじーさんに作る食卓
With Art
ぽろろんぱーぶろぐ
one day
治華な那覇暮らし
Black Face S...
アムゼルくんの世界 Di...
Fragment
日記のような写真を
楽しいかも?
ブクブクな日々
Silver Oblivion
猫とカメラと美味しいもの...
** shympathy **
All Japan Mi...
One Two Three
what she was...
シマロンとクロラ -兄弟...
るるた's weblog
photo room #41
Be my love
kazuの視点
ffanの写真日記
Film&Gasoline
My Palpitation
asty's Photolog
HAPPY to ...
石垣島ダイビングセンター...
青猫珈琲店
Soul Eyes
アムゼルの個人的撮影生活...

外部リンク

タグ

(275)
(217)
(214)
(117)
(107)
(71)
(66)
(64)
(55)
(13)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧