<   2013年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

大阪府大阪市大阪駅北 2013-10-31

晴れた空に秋の雲


e0251895_22353757.jpg




e0251895_22362330.jpg




e0251895_22363539.jpg




素敵なところで仕事ができてうらやましいです・・・と言ったら、
e0251895_22365598.jpg

通勤が大変ですよ・・・と。


2013-10-31撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-31 22:39

花遊亭 オフ会 2013-10-28

昨日のオフ会は、豊田市美術館~花遊亭というなんと贅沢なダブルヘッダーなのでありました。


初めて訪れた花遊亭。
e0251895_22182110.jpg

タムキュー、一本勝負であります。


いつもはお花ににじり寄るのですが、今回は中望遠でまとめてみようかと。
e0251895_2219628.jpg

快晴の秋の陽射しに、サインボードも見事に影付きフォントになっていました。


・・・とそこへ、
e0251895_2221063.jpg

かつこいいおにいさん・・・が。


こちらの怪しい(笑)二人はなにやら物色中。
e0251895_22215531.jpg



e0251895_22223265.jpg



e0251895_22224481.jpg

ぜんぜん中望遠じゃないです。


気を取り直して。
e0251895_2223020.jpg

何か隠れている?


てな感じで、ここ花遊亭さん。
e0251895_22233171.jpg

あれやこれやと、そうとう楽しめちゃうのでありました。


豊田市大林町 2013-10-27撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-28 22:28

豊田市美術館 オフ会 2013-10-27

本日オフ会で、豊田市美術館に行ってきました。


e0251895_21102087.jpg



建物撮影は苦手だけど、頑張って撮ってきました。
e0251895_21111978.jpg



この美術館、2階テラスに鏡がたくさん配置されていて、なかなかに面白いのであります。
e0251895_21113514.jpg



e0251895_21142997.jpg



好天の日曜日、家族連れの来場者もたくさんいましたね。
e0251895_2114963.jpg



一緒に行ったメンバーたち、どんな写真を撮られたか楽しみであります。
e0251895_2115586.jpg



みなさん、何を?
e0251895_21162791.jpg



久しぶりのオフ会、楽しい一日でありました。
e0251895_2117292.jpg

Astyさん、いけみさん、canさん、黒顔羊さん、林MAXさん、Fujiさん、ありがとうございました。


豊田市美術館 2013-10-27撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-27 21:21

済州島を食らう 2013-10-26

韓国と言えば・・・、済州島と言えば・・・、というのを2題。


ひとつめは、焼肉!!
e0251895_2392548.jpg

木曜日のソーシャルイベントのあと、韓国委員会がセッティングしてくれていました。


ドイツ委員からのお礼のあいさつで宴の開始です。
e0251895_23103695.jpg



焼肉と言ってもここ済州島は「黒豚」なのだそうです。
e0251895_23113639.jpg



自分たちで切ろうと悪戦苦闘のデカいお肉も、お姉いさんの手にかかるとあっという間であります。
e0251895_23123987.jpg



そんなこんなで、
e0251895_231344.jpg

「ハンラ山焼酎」で済州島の夜は更けて行くのでありました。



ふたつめは、海鮮!!であります。
e0251895_2316098.jpg

金曜最終日の夜、なるべく怪しい店を探して食おう!・・・とか言いながら入ったお店です。


店内はこんな感じ。
e0251895_23165081.jpg

注文だけは日本語で何とかなるけど、その他は英語も日本語も通じません。
仕方がないので、ビールを持ってきてくれたアジュマに「コマウオ」って愛想してみたら、なんと大うけでした。


アワビという名のトコブシと、さっきまで水槽で泳いでたヤリイカのお刺身。
e0251895_2320045.jpg

その他に頼んでない「サービス」がたくさん出てきます。
手前のは、アジュマいわく「カラクナイ」トウガラシ。
とても危険です。


そしてお目当ての「太刀魚の辛煮」。
e0251895_23231851.jpg

とても美味でした。
大根と芋とで、太刀魚が写っていませんけど・・・。


てな感じで、やっぱり
e0251895_23234227.jpg

韓国メジャーhite(ハイト)の生ビール「Dry Finish」で済州島最後の夜も更けて行くのでありました。


韓国済州島 2013-10-17・18撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-26 23:26

済州石文化公園 2013-10-25

石とともに暮らした済州の人々。


済州石文化公園には、かつての暮らしを再現したエリアも設けられていました。
e0251895_22405152.jpg

石で組まれた住居。屋根はススキで葺かれていました。


この穴の開いた石、見覚えのある方も多いと思います。
e0251895_2243485.jpg



なんと沖縄にあるのと同じ、家の入り口のサインであります。
e0251895_22435144.jpg

横に渡した丸太の挿し方で、家人が在宅か不在かを示しています。
この場合は「ちょっと出かけてるけどそのうち戻るよ~」だと思います。


そして、典型的な農家の入り口。
e0251895_22465459.jpg

日本の農家と同じ佇まいですね。


勝手口の前には大きな水がめと、水を汲みに行く背負子に入った小さな甕が。
e0251895_22473680.jpg

水汲みは女性の仕事だったそうです。


こちらはトイレ。
石囲いの中にブタが飼われていて、奥のトイレから流れ出る〇〇を処理するシステム。
e0251895_22493682.jpg

沖縄と同じシステムです。
そのことをツアーガイドさんに伝えたら、済州の文化は南の島と共通点が多いのだと、たいへん喜んで話してくれました。
なんだか少し感動しちゃいました。


この石公園にはその他にもたくさんの展示があって、今回はその半分も回れていないとのことでした。


こちらはトルハルバンに似ていますが、童子石といって墓石の両脇に配置されたものだそうです。
e0251895_22545748.jpg

トルハルバンとの大きな違いは、両手をお腹の前で組んでいることだそうです。
もちろん姿かたちもずいぶん違いますけど。


そしてここでもトルハルバン。
e0251895_22561057.jpg

これらはレプリカですが、済州に残された48体を忠実に再現したものが一か所に並べられていました。


e0251895_22572484.jpg

団体のトルハルバンもなかなかに壮観なのでありました。


韓国済州島 2013-10-17撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-25 23:01

済州 石博物館 2013-10-24

木曜日の午後、ホストである韓国の委員会がソーシャルイベントとして、済州石文化公園へのバスツアーを用意してくれました。


その中のひとつ、石博物館。
e0251895_2254030.jpg

ぜんぜん知らなかったのですが、済州は火山島なのだそうです。


ということで、色んな大きさや形をしたたくさんの溶岩が展示されていました。
e0251895_2211559.jpg



e0251895_22111658.jpg



e0251895_22112781.jpg



e0251895_22114336.jpg

紹介したのはほんの一部。
これほど多くの溶岩を、学術的になおかつ芸術的に展示した博物館は見たことがありませんでした。


石の公園って?・・・と、あまり期待せずに訪れたのですが、さすがホストが選ぶだけのことはありました。
e0251895_22115799.jpg

明日以降に紹介する、公園内の他の展示も含めて大いに勉強になり感動も覚えたソーシャルイベントなのでありました。


韓国 済州島 2013-10-17撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-24 22:21

済州 三姓穴 2013-10-21

木曜日の早朝散歩は、少し頑張ってホテルから30分、済州の開闢神話の聖地、三姓穴まで歩いてきました。


ここでもトルハルバンが出迎えてくれました。
e0251895_230377.jpg



そしてなんとありがたいことに、こちらは朝8時から開いていたのでした。
e0251895_2315557.jpg



たぶん一番乗り。
e0251895_2323488.jpg

早朝の聖地は人影もなく。


凛とした空気に包まれていました。
e0251895_2331158.jpg



聖域に通じる門は固く閉ざされていましたが、
e0251895_2335136.jpg



横に回ると、柵越しにその全容を眺めることができるのでした。
e0251895_2341959.jpg

4300年前、中央の窪地から三人の神人が生まれ、済州の前身「耽羅王国」が作られたらしいです。


静寂の聖地に、鳥の声だけが響いていました。
e0251895_23941.jpg



さて、会議が始まるので急いでホテルに戻らなくては。
e0251895_2395521.jpg



e0251895_231052.jpg

トルハルバンに挨拶をして、30分の道のりを急いで戻ったのでありました。


韓国 済州市 2013-10-17撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-21 23:11

済州牧官衙 2013-10-20

昨日、帰国しました。
「あまり仕事では行かないところ」と書いた出張先は、韓国の済州島でした。


出張期間中は好天に恵まれましたが、対馬の西に位置する済州島も台風26号の余波で北風が強く、ホテル前の岸壁にも波しぶきが上がっていました。
e0251895_1771747.jpg



出張は、一昨年から担当している国際委員会の年次国際会議への出席が目的で、
e0251895_1782766.jpg

水・木・金の3日間、ホテルに缶詰めで6つの会議をこなしてきました。


とはいえ、出張恒例の早朝散歩は外せません。


到着翌日の水曜朝は、ホテルから徒歩10分弱の「済州牧官衙」を訪ねました。
e0251895_17105679.jpg

開場時間前で中に入ることはできませんでしたが、この写真はゲートが開いてた関係者駐車場から撮らせてもらいました。


さて、もう一度敷地外周の塀に沿って正面側へ回ると、入り口の脇に「観徳亭」という建物がありました。
e0251895_17183581.jpg



そして「観徳亭」の両脇には、とても楽しみにしていた「トルハルバン」が2基。
e0251895_17341274.jpg



e0251895_1719094.jpg

「トルハルバン」とは、18世紀に造られた済州島特有の石像で、守護神や境界表示の役割をもっていたらしく、ブレード帽をかぶり、飛び出した大きな目にだんご鼻、両手は組まずにお腹の上下に乗せているのが特徴です。


ここ「済州牧官衙」は、李氏朝鮮時代初期の15世紀に済州地方当地の中心として造営された総合庁舎でしたが、日本帝国支配下で「観徳亭」以外はすべて破壊されてしまい、
e0251895_17292224.jpg



今ある建物は1991年~1998年の発掘調査に基づいて、1999年~2002年に復元されたものとのこと。
e0251895_17295684.jpg

おかげで、ホテルの近くで済州の歴史に触れることができ、本当に有難いことなのでありました。


韓国 済州市 2013-10-16撮影
[PR]
by miyabine | 2013-10-20 17:40

空の旅 2013-10-15

今日から久しぶり?の出張。


台風直撃の日本を脱出して
e0251895_2242596.jpg



乗り継ぎをして
e0251895_22195210.jpg



一休みして
e0251895_22201231.jpg



さらに向かった先は
e0251895_22204258.jpg



あまり仕事では行かないようなところ・・・。


韓国上空にて 2013-10-15撮影


-------------------------------------
ノートPCを新調したら、写真の向きがおかしくなっちゃいました。
なんで?

⇒ 帰国してから修正しました。(10/20)
-------------------------------------
[PR]
by miyabine | 2013-10-15 22:29

馬籠宿~妻籠宿で花を愛でる 2013-10-14

峠越えの道中、季節の草花や木の実をたくさん見かけました。


e0251895_2152345.jpg



e0251895_21524057.jpg



たわわに実った”ぎんなん”
e0251895_21525259.jpg

道にもたくさん落ちてて、ちょっとクサかったです。


e0251895_21533640.jpg



途中の家の軒先に
e0251895_21534974.jpg



豆が干してありました。
e0251895_21544513.jpg



e0251895_21553927.jpg



e0251895_21555124.jpg



e0251895_2156223.jpg



岐阜県中津川市~長野県南木曽町 2013-10-13撮影


----------------------------
ふと気が付いたらこのブログを初めて2年が経ちました。
1年目はぼーっとしてる間に過ぎちゃってたけど。^^;
訪問者数も1万を超えていました。
ありがたい気持ちでいっぱいです。
これからも背伸びせず、マイペースで続けて行こうと思っています。
皆さま、よろしくお願いします。
----------------------------
[PR]
by miyabine | 2013-10-14 22:12


夫婦であちこち徘徊します。そこで見つけた「きれい、可愛い、面白い」を気の向くままに綴ります。


by miyabine

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月

フォロー中のブログ

sudigital af...
季節を感じて
おパリな生活
パリときどきバブー  f...
R&M
ASTY 'S * c...
ばーさんがじーさんに作る食卓
With Art
ぽろろんぱーぶろぐ
one day
治華な那覇暮らし
Black Face S...
アムゼルくんの世界 Di...
Fragment
日記のような写真を
楽しいかも?
ブクブクな日々
Silver Oblivion
猫とカメラと美味しいもの...
** shympathy **
All Japan Mi...
One Two Three
what she was...
シマロンとクロラ -兄弟...
るるた's weblog
photo room #41
Be my love
kazuの視点
ffanの写真日記
Film&Gasoline
My Palpitation
asty's Photolog
HAPPY to ...
石垣島ダイビングセンター...
青猫珈琲店
Soul Eyes
アムゼルの個人的撮影生活...

外部リンク

タグ

(275)
(217)
(214)
(117)
(107)
(71)
(66)
(64)
(55)
(13)
(1)
(1)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
自然・生物

画像一覧